カテゴリー: 話題 / スポーツ / 動画 / ハプニング / 怒り / 炎上

【またしても期待通り炎上】巨人・澤村が自滅!緊迫した接戦に水を差し、いつものふてくされ顔に非難殺到している件ww『CS横浜DeNA戦/動画あり』

2016-10-09 11:22:45

2016年のプロ野球も大詰め。10月8日からセリーグ、パリーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージが始まりました。



セリーグはリーグ戦2位の読売ジャイアンツが、東京ドームで3位の横浜DeNAベイスターズを迎え討ちました。



試合は一転を争う好ゲーム。

巨人が先制してDeNAが追いつくという展開。
さあ、どんな試合だったのでしょうか…。

2-3で負けている状況で登板した巨人・澤村



一時はリードするものの、DeNAの主砲・筒香にホームランを打たれて逆転をされた巨人。

8回には審判の大失態が起き、場内は騒然としています。

【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

[kanren postid="10398"]

そして、9回に巨人は守護神の澤村が登板します。

 

負けている場面で、セーブ王・澤村の登板ですが、しっかり押さえて次のイニングでのサヨナラ勝利につなぎたい場面。



澤村の投じたボールが…。



 

ワンストライクから投じた2球目を、豪快にレフトスタンドに運ばれてしまいます。
その裏のイニングで坂本がホームランを打ちますが、追い上げも及ばず巨人は負けてしまいます。

結果論でいえば澤村が抑えていればどうなったかわからない試合でしたね。

ツイッターでも多くのコメントが…
















 
 


セーブ王は獲得したものの、炎上劇場をちょいちょい演出していた澤村…。
巨人ファンの中には、澤村が登板した瞬間に嫌な予感がしたかもしれませんね~。

 

9月30日には内海の10勝を消す炎上



2016/09/30巨人澤村炎上 内海の10勝目が消える 阪神俊介サヨナラ犠飛




 

9月30日の阪神戦。0-1でリードの場面で9回に登板した澤村。
この試合では3年ぶりに二桁勝利を目指した内海に、勝利投手の権利がありました。

 

しかし…

 

連打を浴びて、あえなくサヨナラ負け…。













 

9月4日の中日との一戦にも登板していますが、暴投を繰り返していました…。

圧巻(?)は25秒ごろの大暴投!
どこに投げているの?と言えるほどの大暴投。



 

3塁側ベンチ上にワイルドピッチした投手は、後にも先にも澤村だけかもしれません。

 


タイトル獲得も厳冬覚悟?



内海、菅野などエース格の勝ち星を帳消しにする炎上を繰り返した澤村。
自身はセーブ王のタイトルを獲得するものの、背信はこの冬の査定に大きく響きそう。

クライマックスシリーズでの活躍で奮起したいところながら、幸先の悪いスタート。
果たして巻き返しはできるのか…。

 

澤村の炎上で尾花コーチの首が飛ぶ?



一部の週刊誌で澤村の炎上が、コーチの人事にも影響が出てくるとも報じられていました。
投手の管理役でもある尾花コーチはその筆頭かもしれません。

分業制の現代野球での守護神は絶対的な存在でないといけません。
登板してもヒヤヒヤさせているようでは…。

これ以上の炎上をしないように期待したいものの…不安が残りますね。
さあ、今後の澤村の立ち直りはあるのか。

ただ、一戦必勝のクライマックスシリーズでは、これ以上の登板をさせるのも怖くて仕方ないと思いますがww

[kanren postid="10398,9733,9825,8963,9000,9457"]



関連記事