カテゴリー: 驚愕 / スポーツ / 動画 / ハプニング / 怒り / 炎上

【非礼に始まり無礼に終わる】過去の国際大会で起きた、韓国スポーツの反則・ラフプレーまとめ。国際大会で恥をさらす行為を堂々とできる神経は理解不能【動画】

2016-08-10 16:27:27

Bad manners korean judo 反則と礼儀知らずの韓国柔道


「待て!」がかかっている状態で、思いっきり体重をかけて腕をへし折ろうとしてくる。
結果的に韓国選手は反則負けになるが、試合後、日本選手が握手を求めようとしたが無視。







動画視聴者コメント


・柔道やってて、ましてや国際試合に出るような選手がこれをやったら反則負けなるのが解らんか?
おもいっきり体重かけとるじゃねぇか‼︎
それと負けた腹いせに礼もせんとは最低じゃ💢

・何がすごいかって、この反則を恥ずかしいと思わないことだ。
・柔道していたけど、脇固めはすごく危険で一歩間違えたら間接が粉々になる。
韓国人は何で勝ちにこだわるか分からない。
あと負けたとしても相手に礼ぐらいはしてほしい。
柔道選手なら最低限の礼儀なのだから。

・この動画見る限りでは全てにおいて礼を欠いてるよな。柔道は格闘技では有るんだろうけどKOが目的でない以上、相手の怪我につながるようなら即座に技を解くべきだし仮にもプロなんだからその判断が出来ないとも思えない。

・さらに相手が苦しんでる様子なのに駆け寄って心配するそぶりも無し。反則負けという判定が出た後も礼をしない、駆け寄って握手を求めて来た泉に対して棒立ち&無視。あんなのと好敵手とか言われたら泉に悪いからやめて欲しい。

▼次ページではこちらの動画をご紹介します▼

【柔道グランドスラム女子】韓国選手が、日本選手に「噛みつき技」⇒ 柔道女子63キロ「準決勝」


こんな有り得ない反則を受けた後も動じない日本選手の冷静さ。こういう面も鍛えてますね!



次ページへ続きます


関連記事