カテゴリー: 驚愕 / 話題 / 悲報

【やり過ぎ】まさかの2時間遅れでヤマト運輸の配達員がクレームで泣き崩れた・・・

2017-03-21 19:01:13



このショッキングな問題は、ヤマ◯の台湾支部で発生したものだ。




報道によると、男子大学生の配達員は会社側の調整により予定よりも2時間遅刻した。

これに激怒した受け取り主の夫婦は品物の受け取りを拒否。

最初はひたすら謝罪していた配達員だったが、譲歩する気配がない夫婦に怒りを覚え双方は口論に発展。

配達員の態度に怒りが増した夫婦は木の板で叩いたり蹴りつけたりしたという。

 

動画では土下座しヘルメットを脱ぎ捨て地面に頭を何度も打ち付けながら謝る配達員の姿が映っており、謝罪を求める人物と号泣しながら謝罪する配達員のやり取りが記録されている。

配達員は頭部や手足にけがを負ったが、提訴の予定はないという。

台湾のみならず中国メディアも動画を掲載し、配達員を擁護する報道が多い。

ネットでは受け取り主に対する批判が数多く寄せられた。



土下座させること自体がナンセンス



日本でも「配達量と仕事量が多すぎる」という理由から配達が遅延することが稀にあるが、その忙しさは台湾でも同じ。

確かに指定した時間に荷物が届かないのは困るが、土下座させるほどのものだろうか?

そもそも、どんな状況下であれ、人に土下座させること自体がナンセンスである。

 

ただ、台湾のヤマトの評判はよろしくない・・・





 

今回の台湾のことは、そんなに激怒することか?って思っちゃいますけど、クロネコヤマ◯に文句がある人は結構いるみたいです。

 

「どんな教育してるんだ!?」って思えるようなものばかりですよ…。


次ページへ続きます


★おススメの人気関連記事★

関連記事