カテゴリー: 驚愕 / 話題 / 豆知識 / 炎上 / スカッとする話

【衝撃の真実】皇族の夜の営み事情を関係者が大暴露!!⇒驚愕の内容が想像を超えている・・・

2016-12-26 16:20:12

【衝撃の真実】皇族の夜の営み事情を関係者が大暴露!!⇒驚愕の内容が想像を超えている・・・


※イメージ


【衝撃の真実】皇族の夜の営み事情を関係者が大暴露!!⇒驚愕の内容が想像を超えている・・・

一読すれば如何にも怪しい文面であることが

お分かりになると思います。

言葉の端はしに日本語として

誤った使われ方をしてるものがあります。

皇族の自慰行為の仕来り?

 

をさももっともらしい言葉遣いで書かれていますが、

これは捏造であると思われます。



捏造であると思われる不審な点


1.日本語の誤り:「御棒」などという言葉はありません(笑)。”逸物”を指しているのでしょうが、何にでも御を付ければ丁寧になる訳ではありません。いやしくも皇族の”逸物”を棒呼ばわりするなど不敬極まりないことです。

2.儀式の順番がおかしい:沐浴とは身を清めることであるはずです。それが自慰の前に行うことは、まあ理解できますが、自慰後に沐浴をしないということは不自然です。本義にもとります。汚れた逸物を清めないということになりますので。

3.侍女の役割が不明確:”お相手”なる実在の女性が、いつ部屋に入られたかを侍女が確認する記述も無く、皇族に呼ばれて部屋に入り、そこで皇族から「もう帰った」と言われることになります。これは不自然すぎます。

これは如何にも「侍女」という言葉を使って、文面をもっともらしくさせる為だけのように思えます。そもそも部屋の設営の際に侍女はどこにいるのか?

という説明もありません。


次ページへ続きます


★おススメの人気関連記事★

関連記事