カテゴリー: 驚愕 / 話題 / エンタメ / 怒り / 炎上

【ASKA元被告がまたしても覚醒剤使用容疑で逮捕へ】「はいはい。みなさん。落ち着いて」とブログ発表も、尿検査で覚醒剤陽性反応により逮捕免れず!

2016-11-28 15:21:10

ASKA、本名・宮崎重明元被告(58)が覚醒剤を使用した疑いでまたしても逮捕されるという、衝撃的なニュースが流れました!



本人は使用を自身のブログで否定しているものの、逮捕は免れない状況らしい。




ASKA元被告は、覚醒剤を使用したなどとして、一昨年、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、執行猶予中だったにも関わらず。。。



ASKA元被告は、先日「盗聴・盗撮されている」と自ら110番通報。自宅に警察が駆け寄ると、ろれつが回らない状態だったり、意味のわからないことなどを言っていたり、挙動が不審だったという。

その為、警察が尿検査を行ったところ、ASKA元被告の尿から覚醒剤の陽性反応が出たということ。

「ASKA元被告が覚せい剤使用で逮捕!」というニュースが、28日の15時ごろに流れると、ASKA元被告はすぐさまブログを以下のように更新した。




「はいはい。みなさん落ち着いて。ただのフライングです。詳しくは書けませんが、100%使用は有り得ません」







本人はそう言ってるものの、警視庁はASKA元被告が覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕状を請求し、逮捕する方針を固めたということです。



前回の逮捕時は、裁判のあとに書面で公表したコメントで、「罪の重さを改めて認識いたしました。私は現在医師の指導にしたがって治療を受けております。本日の判決を真摯(しんし)に受け止めて、家族の支えのもとで人として立ち直り、健康を取り戻す決意です」と記してたものの、どうやら覚醒剤の魔の手から脱することはできなかったようだ。

チャゲがASKAに支払ったとされる1億円の「手切れ金」も、結局は覚醒剤の購入費に充てられていたという事か・・・
ASKAの覚醒剤吸引ビデオ報道後、ASKA周辺が着々と準備を進めていたことが明らかになっている。
「90年設立の個人事務所取締役からASKAを解任。昨年末には自社ビルを5億円で売却し、ASKAに慰労金として1億円を払い絶縁宣言。本来、事務所がASKAを訴えてもおかしくない状況で、1億円を払ったのは過去の業績を最大限評価したこともあるが、要するにChageからの“手切れ金”と言える」(スポーツ紙記者)


残念すぎますね。

それにしても、ASKA本人が逮捕されるという事を報道で知るというのはどうなんでしょうね?
もし、いざ逮捕!という時に自殺してたり逃亡してたりしちゃったら・・・

順番が逆のような気がしますし、ASKA本人が現時点で覚せい剤使用をブログで否定するというのも、とても違和感ありますね。

【日本ニュース】ASKA元被告 覚醒剤使用容疑で逮捕へ 警視庁




 


[kanren postid="5940"]

[kanren postid="5178,4533,10302,4998"]
★おススメの人気関連記事★

関連記事