カテゴリー: 驚愕 / 話題 / スポーツ / 動画

大谷・藤浪世代の元ビッグ3、2012ドラフト2位の中日ドラゴンズ・浜田達郎が左肘手術。まだ22歳なのに来季は契約結ばない事を通告され育成契約に!

2016-10-29 18:33:06

かつて大谷翔平、藤浪晋太郎と並び高校ビッグ3と言われた左腕、中日ドラゴンズの2012年ドラフト2位・浜田達郎(愛工大名電)が、若干22歳にして来季は契約が結ばれない事が報じられた。



大谷・藤浪世代の元ビッグ3、2012ドラフト2位の中日ドラゴンズ・浜田達郎が左肘手術。まだ22歳なのに来季は契約結ばない事を通告され育成契約に!

中日ドラゴンズ・浜田達郎にまさかの戦力外通告!!



とうとう、大谷世代のビッグ3が陥落。

大谷世代ビッグ3:大谷翔平、藤浪晋太郎、浜田達郎(OUT)→田中正義(IN)


という構図になったかもしれない。

 27日に名古屋市内の病院で左肘尺骨神経剥離術を受けた4年目左腕。この日退院し、左腕に添え木を当てた状態でナゴヤ球場を訪れ「9月中旬ぐらいからしびれが出ていた。癒着している部位を剥離して後ろに移行する手術を受けた」と説明した。球団は浜田達の症状が回復すれば支配下選手契約を再締結する見込み。


浜田達郎は、花巻東・大谷翔平、大阪桐蔭・藤浪慎太郎らと共に、2012年春の選抜甲子園に出場。

準々決勝では今季阪神のレギュラーの座を勝ち取った北条史也、ロッテの正捕手として活躍する田村龍弘率いる八戸学院光星(青森)と対戦。

その一戦は、北条史也の疑惑の判定(どうみてもスクイズ失敗で三振のはずだったのに、デッドボールと判定された)により、物議を醸したことで有名だ。


次ページへ続きます


★おススメの人気関連記事★

関連記事