カテゴリー: 驚愕 / 話題 / 豆知識

【男性用ピル解禁!】精子を泳げなくするという画期的方法で妊娠回避!行為前に服用→スグ元通りになるという次世代避妊法が話題【遊び人一気増加】

2016-10-27 22:49:09

男性主導で避妊ができる『男性用ピル』が遂に解禁です



これまで男性側が避妊をする為にはコンドームを着用するか、パイプカットを行う以外、有効的な手段がありませんでしたが、なんと「精子を泳げなくする」という画期的な方法の避妊法が開発されました。

しかも、服用しても数日後に機能が元通りになるという優れものだそうです!

【男性用ピル解禁!】精子を泳げなくするという画期的方法で妊娠回避!行為前に服用→スグ元通りになるという次世代避妊法が話題【遊び人一気増加】

 

なぜ「精子が泳げなくなる」のか?



男性不妊の原因の一つに「精子無力症」なるものがあります。

精子無力症とは、精子の運動率が平均的な運動率に比べて低い(無力)状態のことを言います。

通常、射精された精子は卵子に向かって高速で進みますが、高速で進む精子が少ないほど精子無力症を疑います。そのため、男性の不妊症の原因のひとつとして上げられます。

その現象を人工的に引き起こすというものだ。

その為に「膜透過性ペプチド」という化合物を考案したのだという。

そんな画期的な方法を発見したのは、英ウルヴァーハンプトン大学のジョン・ハウル教授などの国際研究チームだという。

 
 

男性用ピルの今後の動向



既にハウル教授考案のペプチドが正確に機能することは立証済なのだという。

行為の数分前に摂取すれば十分に効力を発揮し、数日後には生殖能力が回復するという、男性用避妊薬。
女性用ピルに比べると、実に簡単な避妊法だ。

今後は動物実験を重ね、2021年以降の実用化を目指しているという。

ハウル教授は「最終的に男性用ピルとして出回るか、鼻腔用スプレーのような形で登場するか、皮下インプラントになるか――いずれにしろ、すべて実現可能」と述べている。

これによって、男性が避妊に対してより大きな責任を負うべき時が来たと言えるであろう。
但し、遊び人が増えるのは火を見るよりも明らか。

反面、性病やHIV患者が増える可能性が高い。
女性は、今後はより一層、そのリスクを回避する手段を講じる必要があるのかもしれない。

ただ、こういうおかしな事件はきっと減っていくと思われます。
[kanren postid="9037"]



「男性用ピルの実用化」ツイッター上の反応


























[kanren postid="5782,8932,9175,9653,11050"]
★おススメの人気関連記事★

関連記事