カテゴリー: 感動 / 泣ける / 動画 / 豆知識

【先人が命を賭して護ったもの】カミカゼは何故世界で尊敬されるのか?神風特攻隊の意義を改めて知って欲しい。彼らのおかげで今の日本がある

2016-06-28 17:26:23

【先人が命を賭して護ったもの】カミカゼは何故世界で尊敬されるのか?神風特攻隊の意義を改めて知って欲しい。彼らのおかげで今の日本がある


世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか




このエピソードを知ってもらえたら、

 

先人がどういう気持ちをもって「日本」を護ってくれたのか?

 

という事を改めて感じて頂けるのではないかと思います。

 

-世界に尊敬されている神風特攻隊の真実-




日本は昭和16年12月8日、

 

自存自衛と大東亜共栄圏の理想を実現するべく、

 

日本を戦争に追い込んだ欧米諸国に立ち向かった。

 

白人腐敗の神話を崩壊させた日本軍は、

 

わずか半年余りで東南アジア全域を西欧列強の

 

植民地支配から解放した後、

 

各地に独立義勇軍を結成して軍事訓練を施し、

 

敗戦後に展開された「第二次大東亜戦争」

 

とも言うべき民族独立運動に契機を与えていく。



だが、開戦以来、武運に恵まれていた日本軍も、

 

米軍の反撃の前に次第に主戦に

 

立たされるようになっていった。

 

この時、劣勢な戦局を挽回するために、

 

敵艦船に対する熾烈な特攻攻撃が展開された。



戦後の日本では

 

「特攻を最大の罪悪の一つと見立てて、

 

絶対服従を強要する上司の命令の為に、

 

嫌々ながら死んでいった若い将兵たち」

 

という誤った見解が生まれ、

 

彼らを哀れな戦争被害者とする風潮があったことは、

 

実に残念な事である。

 

米・英・仏などでも、

 

神風特攻隊に関する書物が数多く刊行され、

 

高い評価を与えているにもかかわらず、

 

「かつて味方であった日本人が、

 

味方であった日本人を愚弄したり、

 

揶揄したり、嘲笑している」のが、

 

戦後の日本の日本の特徴であると言ってもいいだろう。



特攻の真相は、

 

決してそのようなものではなかった。

 

彼らの脅威が、

 

日本の国土を護っていたのだ!!


次ページへ続きます

★おススメの人気関連記事★

関連記事