【涙腺大崩壊】俺の妹が嫁さんになるかもしれない。だからその前に、よかったら俺の昔話に付き合ってくれ。

2017-06-02 14:09:49

だから、気持ち悪くないレベルでお店で話しかけたり、なんとなく話を聞いたりを3ヶ月くらい続けたある日



たまたま、俺が店を出たタイミングと
レナちゃんが上がるタイミングが一緒だったみたいで
店の裏側?って言うのかな?裏口と言うか
そこから怒鳴ってるレナちゃんの声が聞こえてきたんだ。

 

で、俺もバカで気持ち悪い勘違い野郎だから
興味本位で電話の話を聞いてたんだ、物陰に隠れてね。気持ち悪いよな。

 

聞こえてきた内容は微妙に聞き取れなかったんだけど
なんかお金の事で揉めてるっぽかった。

昨日、3万渡したのになんで!?」みたいな会話だった。

 

一通り話が終わると、今度はシクシク泣いてる声が聞こえてきたんだ。

 

勘違い野郎の俺はその瞬間完全にもう、俺が助けなきゃモードに突入して
勇気を振り絞って声をかけたんだ。

 

やばいだろ?

 

夜中の11時前に泣いてるJKにスーツの男がはなしかけるんだぜ?

でも俺はそんな事御構い無しに進んだ。

 


次ページへ続きます


関連記事