【漢前】フライデー事件後のたけし会見「男として家庭を守ろうとして守り方を失敗した。これが分からないガキは馬鹿なんだからしょうがない」正論すぎる言葉で記者をねじ伏せる

2016-06-19 00:36:41

史上最強と語り継がれている、ビートたけしのフライデー襲撃事件後の復帰記者会見(1986年)


 



私はこの頃まだ小学生だったので、この事件の事は良く知りませんでしたが、色々調べていたらビートたけしってこんなに凄い男だったんだ!という事を改めて気づかされました。



当時の稀少映像がコチラ


フライデー事件、釈放時の稀少映像。フライデー襲撃事件とは、1986年12月9日、お笑いタレントのビートたけし、たけし軍団ら12名が写真週刊誌『フライデー』 (講談社)の編集部を襲撃した事件。

[YOUTUBE_AD url="https://www.youtube.com/watch?v=67tiWsOeQMo&feature=youtu.be"]フライデー事件、釈放時の稀少映像。フライデー襲撃事件とは、1986年12月9日、お笑いタレントのビートたけし、たけし軍団ら12名が写真週刊誌『フライデー』 (講談社)の編集部を襲撃した事件。[/YOUTUBE_AD]
成宮寛貴の引退においても、一人の人生を狂わせるような報道をしたフライデー。

 

ビートたけしが行き過ぎたフライデーのやり方に業を煮やして突撃したのには、今となっては共感が持てると思う人も沢山いるのではないだろうか?

 

ビートたけしがフライデーを襲撃した理由。

 

その真相を知ると、「漢としてそれはきっと正解」と思える。
それくらい、人として踏み込んではならない行為をフライデーは行ったのだ。

 

言論の自由を掲げペンの暴力を翳すフライデーに、暴力で対抗したビートたけし。

そのエピソードをぜひご覧ください<(_ _)>

 


次ページへ続きます


★おススメの人気関連記事★

関連記事