【妊娠中の妻が居眠り運転のトラックと激突】加害者父から「自分と家内が死んでお詫びするから、息子が生きていく事だけは許して下さい」と土下座されたが…


交通事故の怖さと加害者・被害者の辛い人生

私は交通事故で家内を亡くしました。

【妊娠中の妻が、居眠り運転のトラックと激突】加害者父から「自分と家内が死んでお詫びするから、息子が生きていく事だけは許して下さい」と土下座されたが…

お腹に第二子を宿した妻。

 

妻が乗ったタクシーは、病院に向かう途中、

 

居眠り運転のトラックと激突。

 

即死だったそうです。

 

出産予定日を約3週間後に控え、

 

マタフォトを一緒に撮った2日後の出来事でした。

 


 

「リリリリリ」

 

ある日突然、見慣れない番号から着信音が。

 

警察だった。

 

警察から連絡が来たときは、最初はひどい冗談だと思いました。

 

その日もいつもと変わらず、

 

笑顔で送ってくれたのに。

 

冷たくなった彼女と対面しても、

 

現実の事態として理解するには時間がかかりました。

 

むしろ夢であってほしかった。

 

帰宅して呆然としているところ、

 

トラックを運転していた男性の父親と、

 

男性の婚約者から訪問を受けました。

 

父親は土下座しながら

 

「自分と家内が死んでお詫びをします。

 

どうか、息子が生きていく事だけは許してください。」と。

 

そういう風に言われても、

 

こっちは妻と生まれてくる子供を失っている。

 

居眠り運転という、巻き添えによって・・・

 

次ページへ続きます


  • コメント

    1. 匿名希望
      2016/11/26(土) 12:39:17

      なんか、凄いなって。

      人並みですが、頑張って!

    記事に戻る