【二刀流に否定的な意見が僕の価値を高めてくれる】10勝22発100安打でMVP確実の大谷翔平、結果で否定派を黙らす!二刀流挑戦直後の解説者の反応をご覧あれ!


2016年パ・リーグ。最大11.5ゲーム差もあって、奇跡の大逆転優勝を果たしたのは北海道日本ハムファイターズだった!!

【二刀流に否定的な意見が僕の価値を高めてくれる】10勝22発100安打でMVP確実の大谷翔平、結果で否定派を黙らす!二刀流挑戦直後の解説者の反応をご覧あれ!

その立役者となったのが、二刀流で大車輪の活躍を見せた大谷翔平。

マジック1で優勝を決める大一番。
マウンドに上がった大谷翔平は、
15奪三振、被安打1の完封勝利という圧巻のピッチングを見せてくれた!


 

9/28時点での大谷選手の成績

投手としては
10勝4敗
防御率 1.86
奪三振 174
試合数 21
投球回 140 

※現時点で僅かに規定投球回数に未到達。あと3イニング必要。計算式は「所属球団の試合数 × 1.0」

打者としては
打率 .322
打点 67
本塁打 22
試合数 103
打席数 323 
安打数 104
出塁率 .416
長打率 .588
OPS 1.004
(出塁率+長打率)

※規定打席は「所属球団の試合数 × 3.1」の為、443打席必要。120打席足りていない。

※OPSは例年であれば首位でもおかしくない傑出した数値。昨年のパ・リーグOPS1位は柳田悠岐(ソフトバンク)の1.101。2位は秋山省吾(西武)の.941。セ・リーグは山田哲人(ヤクルト)が1.027で首位、2位は筒香嘉智で.922だった。
大谷翔平の1.004という数値がどれほど凄い数値なのか、ご理解いただけたと思う。

 

まさに異次元の活躍を見せてくれた大谷翔平。

二刀流を始めたころは、圧倒的に否定的な多かったが、
彼は結果でそれを全て覆してくれた!

これまでのプロ野球界の常識を全てぶち壊した!

と言っても過言ではないと思う。

 

当初、大谷の二刀流挑戦を真っ向から否定していたプロ野球解説者。

【二刀流に否定的な意見が僕の価値を高めてくれる】10勝22発100安打でMVP確実の大谷翔平、結果で否定派を黙らす!二刀流挑戦直後の解説者の反応をご覧あれ!

 

そして、賛成していた方。

【二刀流に否定的な意見が僕の価値を高めてくれる】10勝22発100安打でMVP確実の大谷翔平、結果で否定派を黙らす!二刀流挑戦直後の解説者の反応をご覧あれ!

 

当時のコメントを次ページで一覧にまとめておりますので、ぜひご覧ください<(_ _)>

今となっては、超貴重なご意見でww

 

次ページへ続きます

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る