【中居の黒歴史】遊び相手の女性を妊娠・中絶させた時の言葉に本性が滲み出る→不誠実な中居の態度に業を煮やした女性は会話音声を公開!泥沼展開に・・・


【中居の黒歴史】遊び相手の女性を妊娠・中絶させた時の言葉に本性が滲み出る→不誠実な中居の態度に業を煮やした女性は会話音声を公開!泥沼展開に・・・

 中居は飲み屋で知り合った都内在住の、

当時27歳のOLに積極的にアプローチ。

密かに交際をスタートさせた。

会うたびにホテルで肉体関係を持って、

関係は約4年間続いたという。

【中居の黒歴史】遊び相手の女性を妊娠・中絶させた時の言葉に本性が滲み出る→不誠実な中居の態度に業を煮やした女性は会話音声を公開!泥沼展開に・・・

すると2000年に、OLが中居の子を妊娠。

 

中居に妊娠の事実を告げると

「大丈夫だよ。まだただの細胞だし、手術だって簡単で大したことはない。俺の友達も何人も堕ろしているけど、その日のうちに仕事だってできちゃうくらいだし」

と、慣れた調子で中絶を勧めたという。


この頃中居は、テレビ朝日の
下平さやかアナウンサーとの熱愛がウワサされていた。

【中居の黒歴史】遊び相手の女性を妊娠・中絶させた時の言葉に本性が滲み出る→不誠実な中居の態度に業を煮やした女性は会話音声を公開!泥沼展開に・・・

 

「自分は身体だけ求められている」

と女性は感じており、不誠実な態度に嫌気がさしていた。

だが、好きな中居の子どもを産みたい一心で、
中居と話し合いを進めようとした。

 

しかし、中居は

「堕ろしてほしい」

と逃げる一方。

そんな中居の尻拭いとして登場したのが、
ジャニーズ事務所を追いやられた、
SMAPのチーフマネジャーの飯島三智女史だった。

 

飯島女史は、女性に対し

「人として、女性としてお話しましょう。
あの子(中居)が言うには・・・」

と、耳を疑うような言葉を浴びせたという。

次ページへ続きます

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る