【感動動画】サッカーの試合で選手が相手GKと交錯し、ひざが顔に入り失神!→いち早く駆け寄って、瞬時の判断によって救ったのはまさかの・・・


 

ウクライナのサッカーリーグ「ディナモ・キエフ」vs「ニプロ・ドニプロペトロウシク」の試合にて。

 

ディナモ・キエフに所属するオレグ・グセフ選手が相手GKと交錯し、膝が顔に入って失神して­しまいます。そこにいち早く駆け寄ったのが、敵チームのヤバ・カンカバ選手でした。

 

意識を失­ってしまい、舌が気道をふさごうとしていたため、カンカバ選手は口に強引に指を入れ指­を噛まれながらも気道を確保します。

 

 


  • コメント

    記事に戻る