【横浜高校が起こした奇跡】松坂大輔・筒香嘉智よりも上の逸材と言われるエースが大会前に急逝するもナインが奮起→甲子園出場を勝ち取ったエピソードが凄まじすぎる…

【横浜高校が起こした奇跡】松坂大輔・筒香嘉智よりも上の逸材と言われるエースが大会前に急逝するもナインが奮起→甲子園出場を勝ち取ったエピソードが凄まじすぎる…

松坂大輔を擁して春夏全国優勝を果たした1998年。横浜常勝の礎はその2年前にできていたという。今は亡きエース丹波慎也のエピソードを紹介したい。

昨年限りで勇退した名将、横浜高校の元野球部監督渡辺元智氏は、過去40人以上の教え子をプロ野球界に送り込んでいる。

春夏連続全国制覇を果たした松坂大輔

プロ野球界を代表するスラッガー筒香嘉智

今年のドラフト一位候補、藤平尚真

他にも、涌井秀章や成瀬善久、鈴木尚典等、錚々たるメンバーが横浜高校の出身者だ。

― スポンサードリンク ―


そんな卒業生たちを差し置いて、渡辺元智氏が言う最高の逸材と評されているのが、今は亡き丹波慎也氏。

 
 

丹波慎也氏は中学時代に全国制覇を果たし、横浜高校に鳴り物入りで入学。
一年の夏の大会からベンチ入りを果たし、登板も果たしている。

二年の夏、三年生が引退したあとは、エースで四番。
練習試合4試合でノーヒットノーラン二度。
本塁打も三本放った。

 
 

だが、この写真が撮られた翌日、1995年8月17日。

 

心臓肥大による急性心不全で急逝した・・・

 

次ページへ続きます

スポンサードリンク


▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼




【横浜高校が起こした奇跡】松坂大輔・筒香嘉智よりも上の逸材と言われるエースが大会前に急逝するもナインが奮起→甲子園出場を勝ち取ったエピソードが凄まじすぎる…
記事に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。