【鳴門高校の阿波踊りチアガールが激カワ】ネットをざわつかせてきた甲子園歴代美女マネージャー&可愛すぎるチアガールまとめ動画をご覧ください!

【鳴門高校の阿波踊りチアガールが激カワ】ネットをざわつかせてきた甲子園歴代美女マネージャー&可愛すぎるチアガールまとめ動画をご覧ください!

甲子園・鳴門高校のチアガール 愛らしいルックスと軽快なダンスの”阿波踊りチアリーディング″が話題です!

夏の全国高校野球、大会10日目の第3試合は、徳島の鳴門高校が岩手の盛岡大付属高校に11対9で打ち勝ち、準々決勝に進みました。
1点を先制された鳴門は4回、6番の中山晶量選手のツーランホームランで逆転したあと、さらに3点を挙げ、5対1とリードしました。
これに対して盛岡大付属は5回、4番の塩谷洋樹選手の2点タイムリーヒットなどで4点を返して追いつきました。
同点のまま迎えた7回、鳴門は4回にホームランを打った中山選手がタイムリーヒットを打って勝ち越し、8回には2アウトランナーなしから1番の日野洸太郎選手のホームランをはじめ5本のヒットで5点を加えて、11対5とリードを広げました。
鳴門はその後、追い上げられましたが、11対9で振り切り、3年ぶりに準々決勝に進みました。
盛岡大付属は9回、塩谷選手のスリーランホームランなどで2点差に迫り、なおも1アウト満塁とチャンスをつくりましたが、あと1本が出ず、初めての準々決勝進出はなりませんでした。
鳴門 河野投手「思い切って投げた」
7回から3人目としてマウンドに上がった鳴門高校の河野竜生投手は、4点を取られた9回について、「ストレートが浮いて、カウントが不利な状態での勝負になってしまいました。自分のせいで負けるのはいやだったので、思い切って投げました。1球ごとに雰囲気が変わる甲子園の怖さを身をもって感じました」と振り返りました。そして、「次に投げるときはストレートのコントロールを修正して、しっかり投げたいです」と話していました。

鳴門高校の森脇稔監督は「6点リードのまま終わりたかったですが、盛岡大付属の打力はさすがでした。河野投手は球が走っていなくて、相手の勢いにやられてしまいました」と振り返りました。そして、次の明徳義塾高校との試合については、「少ないチャンスをつないで生かす、うちらしい野球をしたいです。この春の四国大会では負けましたが、これまでのような戦いぶりを続けてくれればいいと思います」と選手に期待を寄せていました。

 

 

次ページでは、かつて甲子園で話題になった歴代の美人すぎるマネージャーの青春動画をお届けします!

 

次ページへ続きます

スポンサードリンク


▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼




【鳴門高校の阿波踊りチアガールが激カワ】ネットをざわつかせてきた甲子園歴代美女マネージャー&可愛すぎるチアガールまとめ動画をご覧ください!
記事に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。