【柔道金メダリスト・ベイカー茉秋(21)】高校時代に1日7食生活で30㎏増→才能が開花!元々はピアニスト志望。父米国人のイケメンハーフ。姉も美しすぎるww


日本柔道界が以前の86kg級も含めて、ずっと勝てなかった“未開の階級”に初の金メダルをもたらしたベイカー茉秋

ベイカーは、アメリカ人の父親と日本人の母、由果さんとの間に生まれた。

柔道を始めた小学校の頃に両親が離婚。母親が苦労しながらベイカーを育てた。
体重を増やすなど課題があったが、母の協力もあって強くなれた。
ベイカーにとって、その母親に感謝の思いを伝える悲願の金メダルとなった。

 

現在、姉は結婚もしてるらしく子供もいるそうです。名前はまち果さんだそうですよ。
さすが、ベイカー茉秋選手の家系というべきか、なかなかの美女でびっくりしました!

次ページへ続きます

1 2 3

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事