【千代の富士の功績】大分県で最大規模の暴走族を率いていた最強喧嘩師の千代大海を相撲で更生させ、大関まで引き上げて九重部屋を継承するに至ったエピソード&武勇伝に驚嘆!


元大関千代大海「見守って」九重親方葬儀あいさつ

7月31日に膵臓(すいぞう)がんのため61歳で急逝した元横綱千代の富士の先代九重親方(本名・秋元貢)の葬儀・告別式が7日、東京・墨田区の九重部屋でしめやかに営まれた。

 

約1000人の参列者が別れを惜しみ、その後には一般のファンも焼香を行った。


部屋を継承した九重親方(元大関千代大海)は師匠・千代の富士の葬儀の際、以下のように挨拶した。

「あまりに突然のお別れとなり、悲しくて、悔しくて仕方ありません。平成4年11月、私が初めて九重部屋を訪ねた日、師匠の圧倒的なオーラ、鋭い眼光を目の当たりにし『この人の下なら頑張っていける』と思ったことを今でも鮮明に覚えています。あの日から24年、私をここまで育ててくださり、心から感謝しております。師匠から教わった相撲道を、我々弟子たちが体全体にあらためて焼き付け、一生忘れることなく守っていきます。これからもずっと、天から見守っていて下さい。師匠、本当にありがとうございました」

 

千代大海は中学校時代、大変な悪童として有名だった。
2桁人数の高校生相手に単身で喧嘩して勝つなどの武勇伝を轟かせ、

大分県最大で九州でも1、2を争う勢力の暴走族「十二単」を率いていたという。

 

どうしようもない札付きの悪だった千代大海。

そんな彼が、師匠・千代の富士と出会い、
更生をし、大関まで成長して恩返しを果たし、
亡き師匠の跡を引き継いで九重部屋を継承するという。

その師弟関係をご紹介させて頂きます。

 

次ページへ続きます


▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る