【金メダリスト内村航平】病弱で泣き虫、体育の成績は3。初めて出た大会は最下位。内村家が背負った借金は1億円以上。壮絶すぎる内村家の子育てに驚嘆!


悲願の団体金を獲得した日本の主将、エースの内村航平。

8/9早朝、日本中が歓喜に沸いた。3大会ぶりに体操男子団体で金メダル!「めちゃめちゃ重たいです」と感慨深げに語っていた。

内村は全6種目に出場。そのすべてで高水準の演技を披露し、チームを引っ張った。

個人よりも種目別に気持ちを傾けて臨んだ今大会で、

「北京、ロンドンとメダルを取ってきて、一番重たい。それプラス、ぼくたちの頑張りというよく分からないものも入っているので、倍以上に感じていると思います」

と静かに答えた。


今回の団体金をはじめ、数々の輝かしい実績を残してきた内村航平選手。

ただ、彼は幼少期は病弱で泣き虫、体育の成績は3。
初めて出場した大会は最下位となるなど、
決して天才肌ではなかった・・・

両親の抱える借金は一億円を超えるという。

一体、どういう経緯で、
日本のエース内村航平は育まれてきたのだろうか?

次ページへ続きます

1 2 3 4 5

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事