【店舗の存在に大きな価値があった】山手線渋谷駅の『どん兵衛屋』閉店!店長の書き置き「それは胸の内にしまっとくもんだろ」と話題沸騰ww


渋谷駅山手線ホームにある『どん兵衛屋(どんばれ屋) 渋谷駅ナカ店』が、2016年7月31日をもって閉店!

220円で全国の地域限定どん兵衛が食べられるうえ、お湯を注いで5分で食べ始めることができるため、時間に追われるビジネスマンを中心に人気のお店だったのですが・・・。


以下のように、愛好者がたくさんいらっしゃったようで残念です・・・

商品ではなく、店舗の存在に大きな価値があります。

お店については賛否両論ありますけど、お店の存在に大きな価値があると思います。
ご当地どん兵衛が食べれる事も大きなポイントですが、渋谷駅山手線ホームみたいな便利な場所にゆったり座って食べれます。
お店は清潔で、セルフサービスですがお冷&お茶もあります。
また、立食いそば屋特有のぶっきらぼうなおばちゃん店員ではなく、店員さんが若い女性なのもいいですね〜。
冷暖房もしっかり効いてて居心地も良いです。

JR山手線外回り「渋谷駅」ホームにある日清食品「どん兵衛」ファストフード店

早めに家を出たにもかかわらず山手線内回りが事故で大幅遅延。幸い満員ラッシュの中、椅子に腰かけていたので疲れはしなかった。疲れはしなかったが約60分以上遅延。立っていた人は大変だったと思う。

途中、山手線外回り「渋谷駅」ホームにある日清食品のカップ麺アンテナショップ「どんばれ屋」に初めて入った。ここでは全国のどん兵衛のカップ麺がいただける。自動券売機で「西日本かき揚天ぷらそば」220円を購入して注文。カップ麺にお湯を入れてセルフサービスで受け取る。店内は平日の午後6時半頃だったが5、6人のお客さん。砂時計が時間を知らせ、いただいた。麺が素麺のように細い。思ったほど薄味ではない。良くも悪くもカップ麺はカップ麺。小腹がすいた気には便利。

ところで、どんばれ屋の店長が、閉店後に書置きしていたメモが話題になっているのでご紹介。

ネット上では「本音すぎだろ」「そういうのは胸の内にしまっとくもんだろ」という意見も・・・

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る