▼新着記事をCheck▼

【これを見たのも運命です】大好きな人、大切な人、皆誰だっています。俺のようにはならないで・・・東日本大震災で親友と愛する人を亡くした少年より

これを見たのもきっと運命 – 東日本大震災で失った親友と愛する人にまつわるエピソード

よくさ、好きな人出来たけど
恥ずかしくて告れないままどっか行ったり、
彼氏彼女が出来てしまう人って多いと思うんだ。

 

全く俺みたいに何も出来ずに・・・

 

卒業式答辞・東日本大震災

 

 

まぁこの話は小6からだな。

俺の小6はサッカーが好きでごく普通だったのさ。

その春に、新しい転校生が来てさ、
もうどうしようもないくらい可愛くてさ、

最初の挨拶で好きになって、
その子(ユナ)が俺の初恋の相手だったわけさ。


俺の席の斜め右前がゆなの席で内心喜び狂ってた。

話しかけられるくらい近い距離なのに、自分はビビってさ、

ただ笑ってる横顔しか見れなかったわけ。

つかそれが変な日課だったっけなー。

だが、その日は突然だった。

俺の親友(アラタ)が

「ユナがチョコ渡したいから、アキラ(俺)を呼んでって頼まれたしや」

その話を聞いて俺は、
バレンタインというイベントを思い出し、アラタと喜びを分かちあった。

 

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る