▼新着記事をCheck▼

【自分の命か娘の命か】妊娠5ヶ月で脊髄癌を発症した母親が選択した道は、僅かな余命の限り、生まれてくる赤ちゃんに、本と音声で道しるべを遺す事だった・・・

娘に遺した天国からの伝言「ゆりちかへ」

癌と闘う母が、2歳の娘ゆりあ(愛称:ゆりちか)ちゃんに遺した本をご紹介させて頂きます。

涙なしでは見れません・・・


2002年4月 晃子30歳

晃子さんは、ロシア人のテレニン・レオニドさんと国際結婚をした。
そして数年の時を経て愛の結晶を授かる。

2005年12月

妊娠5ヶ月目。
歩けないほどの激しい腰の痛みが晃子さんを襲った。

救急車で運ばれた晃子さん。

検査の結果は、思いもよらないものだった・・・

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る