▼新着記事をCheck▼

【なんということでしょう】ビフォーアフターで予算が倍以上かかった案件で虚偽放送があった挙句、超過代金支払われずに建設会社から訴訟提起される・・・



「匠」が住宅をリフォームする人気テレビ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」でテレビ局が提訴される事態に至っている!

リフォーム代金は当初、二千二百万円の予定だったが、建築士や制作会社の指示で追加工事が複数発生。代金は約五千万円に膨らんだものの、追加工事費は支払われなかったという。

番組では予算内に収まったというテロップが表示されたが、建設会社の男性社長(54)は「まったく事実と違うことを放送され腹立たしい。かかった費用は返してほしい」と訴えている。

 

毎回毎回、予算がギリギリなので疑問はあったのですが、こういう事が横行されていたんですね。


(※今回の案件と画像は関係ありません)


2200万の予算が5000万円も掛かったということになっているのに、
公共の電波で「予算内に収まった」と放送していたとは大問題ですね・・・

今回、訴訟に発展した案件詳細は次ページでご紹介します!

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る