【あまりにも社会を甘く見すぎた結果】解散が決まったSEALDsメンバーの末路が悲惨すぎ。過去20年で最高就職率なのに「働き口をください」と悲しい投稿【自業自得】


学生政治団体のSEALDsが解散することを受けて、所属メンバーが行き場を失っているらしい・・・

朝日新聞の報道によると、就職率は絶好調とのこと。就職できないのはわずか2.7%の人だけ。

大卒就職率97.3% 1997年以降で最高

今春卒業した大学生の就職率は97・3%で、前年同期から0・6ポイント増え、調査を始めた1997年以来最高となった。文部科学省と厚生労働省が20日発表した。
就職率が改善した理由について、文科省の担当者は「景気が良くなって企業側の求人需要が非常に高まっている」と説明。

しかし、こんな状況に関わらず、まぁ予想通りというか、SEALDsメンバーは就職において厳しい現実に迫られているようだ。

実際にSEALDsメンバーの一人が「働き口をください」と悲しい投稿をしている。

これはもう、自業自得、因果応報。

当たり前の結果すぎて笑うしかない。

次ページへ続きます

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事