▼新着記事をCheck▼


【嗚咽】少女をかばって片足を喪失した俺。少女の親『死ぬまで年50万の補償をし続けます』→10年後、その少女が結婚すると聞いて俺は・・・

10年程前の25歳の時、片足がダメになった。

原チャリで走行中に、歩道から飛び出してきた少女を避けたとき横転し、後続車と事故った。

師走の夕暮れ時の出来事だった・・・

 

ドライバーがブレーキを踏んだために、

前輪は勢いのまま通過、

後輪で片足をダメにされた。

 

 

頭脳労働&室内業務だったので職は残ったが、

唯一の趣味であったサッカーが

できなくなったのは少し悲しかった。

 

少女が助かってよかったし、

今後の生活が多少不便になる程度だと思い、


補償のメインは

「年に50万円を手渡しで受け取る」

という形で決着した。
(詳しくは伏せます)

 

俺を轢いたタクシーの運ちゃん(というか、その会社)からは、がっつり補償してもらった。

少女の母親が俺に有利になるように色々と証言してくれたこともあってか、過失割合が俺側に随分有利になって決着。

まぁ、人身事故だしな。

運ちゃんの態度にもムカついてたし、一切引かなかったんだ。

 

とはいえ、俺の両親は息子が足を失ったんだから大騒ぎ。

年50万というのも、補償が少なすぎると怒り心頭だったが、自分ではたかが足1本と思ってるし、タクシー会社側からも充分補償してもらってるわけで。

 

ただそんな事よりも、俺が庇った少女の家庭からは、金や足なんかよりいいモノを貰えたと思っているんだ。

 

その理由は・・・

次ページへ続きます

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/10/10(火) 00:26:10

      しょうもな

    2. 匿名希望
      2017/10/27(金) 16:51:54

      泣けてくる。いいヤツだな、あんた!

    記事に戻る