▼新着記事をCheck▼

結婚3年目。俺「そろそろ子供作ろうよ」→妻「主婦だって大変なの!時間的に無理」と拒否→結果、俺一人で仕事と家事を完璧に両立させてみせたら・・・



仕事の事を言われるとさすがに我慢ならなかった

僕は確かに出世できて、そこそこ給料とれています。

だけど、妻がいたから出世できたとは思っていないし、
いなかったらダメだったとは全く思えません。

仕事において、何かをして貰った覚えなんて一切ありません。

恐らく、英語を話せることがプラスに働いていると思うのですが、
(ウチの会社は3年ぐらい前からグローバル展開を開始した。英語を話せない同僚や先輩は未だに多い)

ビジネス英会話は妻と出会う前から身につけていました。


僕はキレるとすごく事務的になってしまう癖があるんです。

 

「わかりました。もう家事は一切しないでください。資金のやりくりも通帳管理もすべてやりますので、子作りを再考してください」

「そうやって馬鹿にして!どうせできないくせに!」

 

それでその場は終了しました。

 

翌朝からは宣言通り、炊事洗濯掃除といった家事全部こなしました。

2時間くらい早く起きれば、何てことはありません。

もちろん仕事は手を抜きません。

妻がらみの洗濯や昼食も当然用意して、
それでも時間的に余裕ができるほどに順調です。

 

僕は昔からいろんなバイトしてたんで、料理も掃除もアイロンがけも苦じゃありません。

むしろ今までは妻を立てるために、家事は任せていたつもりでしたが、今は妻の顔色を伺うことなく全力で家事できるんで精神的に楽になりました。

それから一週間くらい経ったある日の事。

その間、妻との会話はほとんどありませんでした。

 

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る