▼新着記事をCheck▼

【青天の霹靂】相棒の裏主人公だった米沢守(六角精児)、衝撃発言で相棒を突然降板する・・・



相棒シリーズの裏主人公ともいえる存在だった米沢守(六角精児)が、突如衝撃発言で『相棒降板』を発表した!

相棒がどんなに変わっても、初回から最新のシーズン14まで出演してきた米沢さんが・・・

シーズン14の最終回で、鑑識を卒業し、警察学校の教官に就任した米沢さん。

劇中では、「数年後にはまた現場に戻ってきたい」と、杉下右京と話していましたが、最終回のサブタイトルが「ラストケース」だったこともあって、ひょっとしたら降板するのでは?

という噂も飛び交っていました。。。

そういう噂はあったものの、テレビ局からの正式な発表はない中、6月24日に東京・下北沢のライブハウスで六角精児さんの誕生日ライブが行われました。

彼は『六角精児バンド』というグループを友人と結成していて、定期的に音楽ライブを行っているそうです。この日はちょうど自分の誕生日と重なったこともあり、バースデーライブとして開催したのだそう。

六角精児バンド「ブサイク」

 

そんな自身の誕生日を祝うライブの途中、演奏が一段落すると、六角さんは静かに語りだした。

突然の告白に、場内も静まり返る。

そして、後悔の念ともとれる言葉も発せられたという・・・

 

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る