▼新着記事をCheck▼

【涙腺崩壊】高校の合唱祭で全員がサングラス姿で登壇。その理由がガチで泣ける。子宮頸がんワクチンの影響で、学校生活もままならない女子生徒の為に・・・



サングラス姿の合唱祭

沖縄県宮古島市にある県立宮古高校。合唱祭で、ある高校3年のクラス全員がサングラス姿で登壇し、尾崎豊さんの「15の夜」を歌いました。

尾崎さんの真似てセリフを語る指揮を務める男子生徒のパフォーマンスもあり、会場は大いに盛り上がりました。

※尾崎豊の息子、裕也が歌う「15の夜」はコチラ

 

高校の合唱祭でサングラスはやりすぎと思う方がいるかもしれませんが、
これは格好をつけるための装いではありません。


このサングラス姿は一人の女子生徒を気遣って行われた、仲間への優しさに溢れた行動だったのです。

ことの始まりは2011年に、女子生徒が子宮頸がんのワクチンを接種したところから始まります。

ワクチン接種後、次第に頭痛や虚脱感といった異変が現れ始め、高校に入ってから手足のしびれなどで保健室に運ばれることが多くなったそうです。

 

プールの授業中には過呼吸が発症して溺れたり、呼吸が止まったり、
ロードレースの練習後、けいれんが続いて意識を失い、
体調不良や入院もあり、学校へ通うこともままならず、
登校できても保健室で過ごすことも多く、

今では光にも敏感になってしまいサングラスが手放せなくなってしまったと語ります。

 

宮古高校では毎年、体育祭、文化祭、合唱祭のどれか一つを順番で開催しており、今年は合唱祭の年。

当初女子生徒は欠席するつもりだったようですが、クラスメートに誘われて練習に参加したそうです。

放課後の練習を終えて

「サングラスで本番出るのは嫌だな」とこぼすと、クラスメートたちは思わぬ提案を彼女にしました。

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る