【超絶感動】アフリカの野生に育てられた未熟児だった少女。ナミビア原住民と会話もでき、親友がゾウだった少女が大人になった現在は・・・【画像多数】


野生の動物たちと心の交流をする少女 ティッピ・ドゥグレ

まるでおとぎ話のように野生の動物たちとともに過ごし、並外れた絆を結ぶ能力を持った少女

未熟児で生まれたティッピ

もしかするとこの子はそう長く生きられないかもしれない


1990年6月4日アフリカ・ナミビアの首都ウィントフークにて出産に立ち会った医者は小さく儚い赤ん坊を見てそう呟いた・・・

ティッピの両親は野生動物専門のカメラマン
彼らがアフリカで暮らしていたためにティッピはアフリカの大自然の中で幼少期を過ごす

”大自然の中で自由に過ごせた日々は夢のようだった”

ティッピの考え方はそこに住む動物たちを同じ自分と同じ大きさの動物はみんな友達だと思っていた

いや自分よりはるかに大きい動物もティッピは臆することなく仲良しになった

 

次ページへ続きます

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事