【コンビ愛】白血病で亡くなったカンニング竹山の相方中島さん。竹山が送った弔辞。そして、亡くなる直前の大晦日に披露したネタの真意が深すぎて今でも泣けてくる


【コンビ愛】白血病で亡くなったカンニング竹山の相方中島さん。竹山が送った弔辞。そして、亡くなる直前の大晦日に披露したネタの真意が深すぎて今でも泣けてくる

カンニングがテレビでやっと

売れ出してきた10年前位のこと。

やっとチャンスを掴んだ2004年の

大晦日の「エンタの神様」の出演。

この時、竹山の相方中島さんは闘病中の為、

出演することはできませんでした。

闘病の為、長期休業し表舞台から姿を消した中島さん。

 

しかし、

 

まだ世間には体調不良としてしか知らされておらず、

 

白血病とは公表されていませんでした。

2004年の大晦日、テレビ番組「エンタの神様」の舞台に

 

1人で出演した竹山さんはネタを

 

はじめる前にこんなことを言い出します。

 

『え~ネタをやる前にちょっと一言言わして下さい。

 

中島馬鹿か!!馬鹿かお前は!!

 

せっかくお前こうやって大晦日の紅白の裏とかで大トリやぞ!!

 

それなのに体調不良で倒れたって馬鹿かお前は!

 

こんなんトリなんか2度ともらえんぞ!!

 

後お前半年2人でお笑いブームが

 

終わるまで頑張るって決めたやないか!

 

何を途中でリタイアしとんねんお前は!!

 

けど皆さん安心して下さい!

 

お笑い的にはね、何の問題もない!!

 

なぜなら俺面白いから!

 

俺が面白いから大丈夫です!

 

安心してください!!

 

全然一人で行けますから!!

 

その心配は何にもいらん!

 

中島、だからお前も今テレビで面白い俺を見とけ!

 

俺ものすごい面白いから!!

 

来年からはカンニングではなく、

 

カンニング竹山と言うピンでやります!!!

 

ピン芸人といやあね、俺色々考えたけどね、

 

何かフレーズがないといかん!

 

間違いないとかヒロシですとか、みんなあるでしょ!!!

 

だから俺来年からこれをします!これ面白いぞ!!

 

ペロンチョ!!
ペロンチョ竹山!!
ペロンチョ!ペロンチョ!

 

面白いやないか!!

 

ペロンチョ面白いやないか!

・・・・・・・・・・・・・・

 

大します!!

 

もう大します!!

 

脱ぎます!!(ズボン脱ぐ)

・・・・・・・・・・・・・


相方おらんから出来る訳ないやろう!
中島がおらんからダメやろう!

中島!お前がこのズボンを上げないかんやろう!!

このズボンを上げるの誰か?
お客さんか?スタッフか?

いやいや、違いますよ中島ですよ!

ズボン上げにこい!!

おい!ペロンチョなんかでいける訳ないやろう!アホか!

俺がすぐ大するの知っとるやろ!!
お前が横にいてこれ止めないかんやろう!!

この姿見てみろ中島!!
こんなん芸人じゃないですよ!
こんなもん犯罪者ですよ!
俺が捕まる前にこい!!!

今年の夏のこと思い出せ!
浜松のショッピングセンター、北海道の夏祭り、色んな所で俺が大しようとした時に、お前は必ずズボンを上げてくれたやないか!!!!

そして一言も楽屋で怒らんかった!!

やっとお前の優しさに気付きましたよ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・
調子はどうだ中島?
おっさんおかしな姿になっとるぞ。

戻ってこい中島!早く病気治して戻ってこい!!

中島戻ってこい!!
帰ってこい中島!戻ってこい!
そうしないと俺・・・・・
(※竹山、少し言葉に詰まる・・・)

(※他の出演芸人「竹山頑張れ!頑張れ!竹山!竹山!」

みんな応援してくれとるぞ!
お前が戻ってこないと俺脱ぐぞ!

みんな有難う!有難う!

戻ってこい中島!!!!

 

竹山は芸人としてお客さんを笑わせながら、中島にエールを送った。

親友として相方として中島に伝えたかった事。

生放送でたった1人、竹山がどんな気持ちでネタをしたのかと思うと・・・

どんな気持ちで「戻ってこい中島!」と叫び続けていたのだろう・・・

 

次ページでは、亡くなった相方、中島忠幸さんとカンニング竹山さんのコンビエピソードをご紹介します。

次ページへ続きます


▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    1. 匿名希望
      2016/10/30(日) 17:57:53

      ◆篠栗の温泉行ったらケン坊田中が家族で来てた。え?知らない?カンニング竹山の元相方で華丸大吉と共に福岡吉本の一期生のケン坊!(ローカルすぎ←)

    2. 匿名希望
      2016/11/04(金) 08:23:52

      やっぱりあの子は友達なのよ」みたいなことを言うのだけど、それにとても共感したのでした。
      以前、カンニング竹山が「ようこそ先輩」で親友のいる人生を送ろうと子どもたちに授業をしたときも「中島はこの世にいないんだけど、でも俺が親友って思うのはやっぱり中島なんだ。」➡

    3. 匿名希望
      2016/11/15(火) 09:42:55

      芸人のカンニング竹山が、一人なのに未だにカンニングと名乗る理由~相方の中島さんは幼い息子と奥様を残して亡くなってしまい、中島さんの家族は途方にくれることとなった。そこで竹山さんはコンビとして活動し、いまだに収入の半分は中島さんの奥様に送っている。

    4. 匿名希望
      2016/10/27(木) 16:11:59

      感動する著名人弔辞:中島忠幸さんへの弔辞。俺はお前と なあ二人でコンビ組んで ずっとねこうやって漫才とかやれて お笑い芸人になって やれたことが本当に幸せやった ありがとう もういつ そっちに往くか、もうわからんけども 俺がまたそっちに往ったらまたやろうや。byカンニング竹山さん

    5. 匿名希望
      2016/10/24(月) 07:59:04

      『ミュージックポートレイト』カンニング竹山×大久保佳代子。スジは知ってる2人の青春エピソードの細部に番組主旨に沿って音楽の記憶がぴったり絡むという何か要求通りな出来過ぎ感。竹山中島の役割分担がたけしきよしそのままな話、一人売れてゆく光浦への大久保の気持ちなど特に。曲が全部良い。

    6. 匿名希望
      2016/11/01(火) 06:51:24

      もしかしたら、博多大吉さんの大吉さんの相方がカンニング竹山だったかもしれないってZIPで言ってたけど、やっぱりカンニング竹山の相方は中島さんしかいなかったと思う。

    7. 匿名希望
      2016/11/05(土) 14:43:30

      カンニング竹山の相方の名前なんて名前だっけな〜って調べたら「カンニング竹山の芸名、実はコンビ名だった」ってネット記事が出てきてもうカンニングを知らない世代のほうが多いんやな……ってなった

    8. 匿名希望
      2016/11/09(水) 08:06:42

      ♪あいしーていれーば わかりーあーえーるー♪ 朝からこのフレーズのみリフレイン(笑)おそらく、昨日育三郎さんがカンニング竹山さん相手に歌う動画を見つけてしまったから(*^_^*)レディベスは育三郎さんと平野綾ちゃんコンビでみたいなぁ。

    9. 匿名希望
      2016/11/10(木) 12:45:44

      よくある名字→(佐藤、伊藤、鈴木、小林、中村、田中)とかだと呼び名として用を成さないから(誰を指しているか分からないから)あだ名がつくんだろうけど、芸人の場合にはコンビ名=名字、名字=名前(ex:カンニング竹山)になるから事足りるという。だから芸人の下の名前覚えられん。

    10. 匿名希望
      2016/11/05(土) 02:09:46

      カンニング・竹山は、相方の中島が白血病で入院している際、
      給料を半分を相方の母親に渡していたそう

    11. 匿名希望
      2016/11/12(土) 14:31:00

      カンニング竹山の相方も
      10年前亡くなったな。

    12. 匿名希望
      2016/11/12(土) 11:40:29

      キレ芸をやるきっかけは借金400万の取り立ての催促がとにかく醜く公演前の朝にまで取り立て屋が家に来て本当にイライラしていた。本音で心の叫びを相方やお客さんにぶつけたらなぜかそれが客に大ウケだった。人生は本当に何が起こるか分からない。だから面白い。byカンニング竹山

    13. 匿名希望
      2016/11/13(日) 10:27:09

      カンニング竹山が未だに「カンニング」のコンビ名を名乗っているのは、亡くなった相方の家に給料の半分を送るため。

    14. 匿名希望
      2016/11/14(月) 13:44:03

      カンニング竹山が未だにカンニングを名乗っている理由。相方が亡くなって結構経つのにコンビ名のまま活動してるのは、相方の家に給料を送るため。コンビ解散しなければ相方に給料の半分が入るシステムになってるから。

    15. 匿名希望
      2016/11/14(月) 18:24:09

      カンニング竹山が未だに「カンニング」のコンビ名を名乗っているのは、亡くなった相方の家に給料の半分を送るため。

    記事に戻る