▼新着記事をCheck▼


【訃報】死去した鳩山邦夫元総務相。直近の国会に姿を現した時、既に別人のように痩せ細り死相が出ていた【画像アリ】

本日、訃報が流れた鳩山邦夫元総務相(67)

国会閉幕の1日、本会議で話題をさらったのが、自民党の鳩山邦夫元総務相(67)の“激ヤセ”っぷりだった。

久しぶりに姿を見た同僚は、あまりの痩せ方にビックリしたという。

「5月初旬に会った時、すでにゲッソリと痩せ、人相まで変わっていてギョッとしました。それ以降は会うたびに痩せ細っている。5月31日に行われたパーティーでのスピーチは、声はハッキリしていたものの、顔色が妙に黒く、足元もどこかおぼつかない。スーツがダブダブで、頭も丸刈り状態だったから、『薬の副作用か』『いや、がんではないか』『あの痩せ方は糖尿病が悪化したのだろう』と関係者はみな、ビックリしていましたよ」

本人は1日の衆院本会議にも出席しているから、“重病”ではないと思われていたが・・・

ただ、よく見てみると、この時既に死相が出ていたようにも思える。

詳細は次ページでご覧下さい。

 

  • コメント

    記事に戻る