【絶句】マジックミラー号で未開の領域に踏み入れてしまった人妻の体験談が想像以上にヤバかった件・・・

せっかく水着を新調して気合い入れて海に来たのに、旦那は旅館でダウン・・・

「ささ、入った入った」

 

 

二人の若い男に促され、陽子はトラックのコンテナに足を踏み入れた。

 

(なんかすごい……)

トラックの中は、素人目に見ても変わった作りをしていた。

 

天井から釣り下がる照明器具や、床に敷いてある簡易マットはいいとして、目を引いたのは側面の壁。

 

ほぼ一面がガラス張りになっていて、外の風景が丸見え!

 

「すごいでしょ?

これ、マジックミラーなんだ。

外からは鏡にしか見えないんだよ」

 

「そうなんですか……」

 

陽子はマジックミラー越しに外の風景を見やった。


強い日差しの中、遠くに見える浜辺は多くの人で賑わっている。

 

本当なら今ごろ、大さんと二人で楽しんでたはずなのにな・・・

 

陽子は思わずため息をついた。

 

一泊の予定で海水浴に来た新婚夫婦。

だが、急に旦那の大さんが体調を崩してしまい、今は旅館でダウンしているのだ。

 

「俺のことは気にしないでさ、散歩でもしてきなよ」

 

という旦那の気遣いもあり、陽子は薄手のパーカーを羽織り、新しいビキニの試着を兼ねて近くの浜辺を散歩する事にしたのだった。

照りつける日差しがジリジリと肌を刺し、灼けた砂浜はビーチサンダルなしではとても歩けそうにない。

 

絶好のビーチデート日和だった。

にも関わらず、残念な気持ちで沈んでいた陽子。

しかし、歩いているうちに浜に打ち寄せる波の音や、人々の楽しげな歓声を耳にし、段々と心が弾んできていた。

 

「体調崩しちゃったのはしょうがないよね・・・気持ち切り替えよっ」

 

そんな風に考えながら歩いていた折だ。

二人の若い男に声をかけられたのは。

次ページへ続きます

▼新着記事をCheck▼

★おススメの人気関連記事★
  • コメント

    記事に戻る