【壮絶】不倫相手は私をイジメるF子の父「全て捨てるよ!仕事も変える!どこかで二人きりで暮らそう」JKの私「嬉しい…でもあなたを信じられる証拠が欲しいの…」

 

彼と出会ったころ、私はもう精神的に病んでいました

 

学校でいじめられていたんです。

その主犯格はF子。

 

靴を隠される。

教科書を隠される。

廊下ですれ違いざまに殴られるなんて序の口。

 

 

F子には学校の廊下ではだかにされたり。

お弁当の中にチョークの粉を入れられたり。

 

先生は見て見ぬふり。

 

だから私は復讐を誓ったんです。

 

最初はF子の妹を巻き込んでやろうと思ったんですが

 

その中で、F子の父親が行きつけのカフェを見つけたんです。

 

その瞬間、私の頭の中に

 

『これだ!』って浮かびました。

 

私は、彼に声をかけ、取り入ることにしたんです。

 

次ページへ続きます

▼新着記事をCheck▼

★おススメの人気関連記事★
  • コメント

    記事に戻る