【批判殺到】在学中のJK(18)に妊娠発覚→何と学校が体育の持久走実技強要!副校長「育児専念すべき。卒業するのは甘い」発言で更に炎上!出産か学業かを迫る


【批判殺到】在学中のJK(18)に妊娠発覚→何と学校が体育の持久走実技強要!副校長「育児専念すべき。卒業するのは甘い」発言で更に炎上!出産か学業かを迫る

 

妊娠中の女子高生に、持久走の実技を要求。

 

京都の朱雀高校、休学or通信制への転籍を

 

勧めていたことが発覚し、話題を呼んでいる。

 


同校によると、2015年8月頃、女子生徒の妊娠が発覚し、高校側は11月頃に出産準備のために休学するよう勧めた。妊娠5カ月を過ぎていた女子生徒に対し、体育の成績が「1」のため卒業できないことや、球技や持久走などの実技の補習が必要となると説明したという。

朱雀高校副校長の発言 京都新聞抜粋

「生徒の妊娠は今の社会の中でマイナスイメージがかなり強い。朝から夕方まで学業に取り組む全日制の趣旨にふさわしくなく、これは府民の要請だ」

「妊娠すると子育てに専念すべきで、卒業するというのは甘い」

 

この発言が、京都府民の怒りを過熱させたようですね。

 

母体というものは一つの身体で母親本人と

 

胎児という二つの命を回しているのと同じこと。

 

ハードな運動を強いるなんて命を危険に

 

晒していることに他ならないのに・・・。

次ページへ続きます

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る