【反撃記録】夫&不倫相手から「離婚して欲しい」と懇願された私→三者面談で「重度障害児の親権はソチラで。それが離婚条件よ」→その結果・・・

突然、夫から「離婚して欲しい」と切り出されました。

「他に好きな人ができちゃったから」って。

 

他に好きな人ができたって、堂々と宣言している人に愛を語ってもしょうがないですよね?

割り切って、建設的に話し合おうと努力したんです。

 

三人の子供はどうするの?

末っ子(まだ赤ちゃん)は身体障害持ち(重度の循環器疾患)なんだよ?

上も双子だし(小学校高学年)、アナタどう考えて得るの?

 

すると夫は、何も考えていなかったのか、

それとも作戦なのか、

しどろもどろな返答しか返ってきません。

 

埒が明かないので、ダメ元でお願いしてみたんです。

 

「浮気相手の女性を交えて、3人で今後の事を話し合いたい」

 

って。

 

 

「今すぐ確認して!私の目の前で電話して。それくらいは出来るでしょ?」

 

夫は渋りながらも、その場で浮気相手に電話してくれました。

 

そしたらまさかの展開!

 

三人で話し合いの場を持つことをOKしてくれたんです!

 

当然、この二人を罠に嵌めるべく周到な用意をし、

ボイスレコーダーを忍ばせ、話し合いの場へ臨むことにしました。

 

私には大切な三人の子供たちがいます。

特に末っ子は障害児。

この子を守りながら家計を支えていかなければならない。

大変な人生になるであろうことは容易に想像がついていました。

 

守るべきものがある以上、一切の妥協をする事はできません。

 

私、何も悪い事していないし・・・

 

私の一世一代の反撃の記録を、是非ご覧ください。

▼新着記事をCheck▼

★おススメの人気関連記事★
  • コメント

    記事に戻る