「母親の辛そうな姿を子どもに見せたくない海老蔵さんは、あまり麻央さんと会わせなかったと聞いています。本来ならば今年7月か8月に麻央さ"> 「母親の辛そうな姿を子どもに見せたくない海老蔵さんは、あまり麻央さんと会わせなかったと聞いています。本来ならば今年7月か8月に麻央さ">

【本音】小林麻央の余命・病状が深刻すぎてヤバイ。海老蔵が唯一心を許して頻繁に相談している、海老蔵家側近が明かす衝撃告白が切なすぎる・・・


「母親の辛そうな姿を子どもに見せたくない海老蔵さんは、あまり麻央さんと会わせなかったと聞いています。本来ならば今年7月か8月に麻央さんの乳がん闘病を公表する予定でしたが、スポーツ紙が報じたため、あの記者会見となりました」 

梨園でも麻央のがん闘病はまったく知られていなかった。 

「会見を見て、役者仲間もみんな驚いていました。海老蔵さんの親友、(中村)獅童さんや(片岡)愛之助さんも『水くさいよ』と嘆いたほどです」(歌舞伎関係者) 

誰にも相談できない海老蔵は、孤独の中で苦しんでいた。

その中で唯一、海老蔵が頻繁に電話をして相談をしていた相手がいたという。 

 

その相手は、海老蔵家側近の人物だ。

 

今日は報道陣に対し「5度目の取材自粛要請」がされたばかり。

 

その方が明かした衝撃告白に、より一層緊迫した状況が伝わってきて切なくなります・・・

 

★こちらの記事もおススメ★

【放送事故】大学からの親友で病状を知るテレ東アナウンサーの森本智子さん、小林麻央さんの乳がん報道中に思わず涙→ガンが末期である事を悟られてしまう

1 2 3 4

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る

関連記事