スポンサードリンク

▼新着記事をCheck▼

【苦渋の決断】妻が実家に帰った翌日、深刻な顔つきの嫁父が俺の前にやってきた。嫁父曰く『娘が妊女辰した。娘が言うには、それは貴方の子ではない』と。。。その結果。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

それじゃ誰の子か?

それじゃ誰の子か?と

問いただしても何も言わない。

 

多分、

誰かと浮気でもしたに違いない。

それでなければ妊女辰する

わけがないと怒りの表情だ。

 

貴方の子供でなければ実家に

逃げ帰ることもないはずと義父。

私も妻も大変なショックだった。

 

こんなふしだらな娘だとは

思いも寄らなかった。

おまけに相手は誰かと問い詰めても、

頑として白状しないという。

スポンサードリンク


産みたいと言って聞かない!

今日、義父がここに立ち寄る

ことを妻には言っていないらしい。

 

義父は続けて、

娘に堕胎を進めたが、

産みたいと言って聞かない。

自分の娘とは思えない。

一体、どうするつもりか?

 

お詫びのしようもないが、

こんな娘だから貴方と

離婚させるしかないと

考えて今日は伺った。

手塩をかけて育てた一人娘を

非難せざるを得ない義父の

心情を考えると、

何も言えなかった。

次のページに続く!!

次ページへ続きます

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • コメント

    記事に戻る