スポンサードリンク

▼新着記事をCheck▼

【苦渋の決断】妻が実家に帰った翌日、深刻な顔つきの嫁父が俺の前にやってきた。嫁父曰く『娘が妊女辰した。娘が言うには、それは貴方の子ではない』と。。。その結果。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

妻が実家に帰った翌日、深刻な顔つきの嫁父が俺の前にやってきた。嫁父曰く『娘が妊女辰した。娘が言うには、それは貴方の子ではない』と。。。

しばらく実家に帰ります

このスレは女性が書くべきなのか。

でも夫の視点で

書くからご容赦願います。

帰宅するとテーブルの上に

「しばらく実家に帰ります」

と妻からのメモが置いてあった。

これが始まりだった。

妻の携帯に電話しても出ないので、

メールを送ったところ、

困ったことが起きた。

 

気持ちの整理がつくまで

待って欲しいとの返事が来た。

スポンサードリンク


妻の実家も都内なので、

今度の土曜日にそちらに行くからと

メールしたら、翌々日の遅い時間、

 

妻の代わりに義理の父が

1人でやって来た。

 

会社帰りの様子だった。

非常に深刻な顔つきだった。

 

何でしょうか?と聞くと、

本当に申し訳ないと言い、

娘が妊女辰した。娘が言うには、

それは貴方の子ではないと。

 

義父の話では、

妻は実家に帰る前に、

セーリが来ないので

産婦人科にも行って確認したという。

 

貴方とは避女辰していたので、

多分、貴方の子供では

ないと娘は言ってる。

次のページに続く!!

次ページへ続きます

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • コメント

    記事に戻る