スポンサードリンク

▼新着記事をCheck▼

【胸キュン】レディースの女『付き合って下さい』ヘタレ俺『すみません…』→数日後、黒髪で薄メイクの子に告白されて・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【胸キュン】レディースの女『付き合って下さい』ヘタレ俺『すみません…』→数日後、黒髪で薄メイクの子に告白されて・・・

当時の俺、地元の駅前にあるコンビニでバイトをしていた

俺 当時19歳 童貞 ヘタレ ビビり
嫁 当時17歳 レディース ヤンキー

そのコンビニの前にあるロータリーには、

当時既に天然記念物だったリーゼント特攻服の族の

お兄さんとお姉さんがほぼ毎日たむろしてた。

俺は毎回ビクビクしながら出勤し、

外に水を撒けと言う店長を恨みながら

夜間バイトに勤しんでいた。

 

かなりのナルシスト

俺が当時バイトでよく組んでたのは同い年の男。

 

この人、かなりのナルシスト。

 

何でも、これまで狙った女を逃したことがないとか、

処女二桁食いしたとか、

男数人に囲まれて返り討ちにしたとか、

俺がその気になればヤバい奴が数十人集まるとか、

武勇伝をひたすらに語ってた。

 

今思えばしょうもない男だけど、

当時の俺は童貞でヘタレだったから、

その男を普通にスゲーって思ってた。。。

スポンサードリンク


 

外にたまってた族の兄ちゃんや姉ちゃん

その店には、外にたまってた族の兄ちゃんや姉ちゃんが、よく飯やら飲み物やらタバコを買いに来てた。。。

 

たぶん店の売り上げにかなり貢献してたと思う。

 

でもビビりな俺はビクビクしながら毎回レジを打ってた。

 

けどナル男は普通に族の兄ちゃん達と談笑しながらレジしてた。

 

それ見て、俺更にナル男スゲーってなってた。

 

でも、ある日事件が起きた。

次ページへ続きます

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • コメント

    記事に戻る