【救急隊『死産』と判断】→医者「ママの命は大丈夫。あれ、赤ちゃんは?」→救急隊「置いてきました」→祖父母「庭に埋めました」→結果…

病院に到着した夫婦
夫「妻は助かりますか?何とかしてください!」

 

医者「いくつか検査はしますが、命に別状はなさそうです。大丈夫ですよ」

 

「妻 検査 病院」の画像検索結果

夫は、とりあえず一安心で胸を撫でおろしました。

 

医者「ところで赤ちゃんは?」

 

夫「救急隊に『死産』と言われたので、自宅に置いてきました」

 

 

医者「そんな馬鹿な!仮にそうだったとしても、その判断をするのは医師の仕事です。可能性はゼロじゃないんですよ?スグ連れてきてください!」

 

夫「え?あ、確かにそうですよね。あの時、気が動転してて・・・」

 

 

医者「いいから早く連れてきて!」

 

夫「わっ、わかりました!!!」

 


夫は医者に言われ、急いで家路に向かいます。

途中、祖父母に電話し

夫「おい、赤ちゃんは今どうしてる?スグ病院に連れていくから準備しておいてくれ!」

 

祖父「お前何言ってるんだ。救急隊の人も死産と言ってたじゃないか」

 

 

夫「いいから準備しておいて!」

 

祖父「いや、死産なんだから庭に埋めたよ・・・」

 

 

夫「はぁ?自分らの立ち合いもなく、埋めたっていうのか!?」

 

祖父「埋めたが・・・」

 

 

夫「勝手すぎるぞ!とにかく、急いで掘り起こしてくれ!!」

 

祖父「わかったよ。好きにするがいいさ」

 

 

この電話を切ってから、数分後には夫が自宅に到着。

しかし、さっきあれほど電話で話したのに、赤ちゃんはまだ埋められたままだったのです!

 

夫はもう祖父母に話すことなく、

一心不乱に庭を掘り起こし、赤ちゃんの亡骸を抱えて病院へUターンしました。

 

その結果・・・

次ページへ続きます

▼新着記事をCheck▼

★おススメの人気関連記事★
  • コメント

    記事に戻る