▼新着記事をCheck▼

【救急隊『死産』と判断】→医者「ママの命は大丈夫。あれ、赤ちゃんは?」→救急隊「置いてきました」→祖父母「庭に埋めました」→結果…

夫「・・・わかった。とりあえず救急車呼ぶから!」

救急隊が駆け付けた頃には、赤ちゃんは生まれていました。

まだ4か月だった事もあり、産声を発しません・・・

 

救急隊「残念ですが死産ですね・・・。母体も心配です」

 

夫「そうですか。。。わかりました。妻の命だけでも救ってください!お願いします!!」

 

救「分かりました。では奥さんだけ病院へ搬送します」

 


妻「ごめんなさい・・・(泣きじゃくっていて言葉が出ません)」
夫「ううん。大丈夫だから。今は自分の事だけ考えて!」

 

そうして、夫は妻を励ましながら救急車へ同乗し、赤ちゃんの事は祖父母にお願いして病院へ向かいました。

 

 

その頃自宅では・・・

 

祖父「赤ちゃん、残念だったな」

 

祖母「4か月で出てきちゃうなんて、この子可哀想すぎるわ・・・」

 

 

祖父「もう駄目かな?」

 

祖母「一度も泣いてないし、呼吸も聞こえない。・・・死・・・産・・だわ。」

 

 

祖父「わかった。せめてこの子は自宅の庭に埋めてあげよう」

 

祖母「・・・そうね。今、用意するわ」

 

祖父母は、息子夫婦の許可をとる事もなく、赤ちゃんを庭に埋め始めます・・・

 

一方、その頃病院では・・・

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る