▼新着記事をCheck▼

【母の友人】一人暮らしをし始めた頃、いきなり「お母さんの友人…」と名乗る俺好みの女性がご飯を持ってきてくれた!

大学進学してから、一人暮らしを始めた頃の事。

隣人で、清楚な感じのお姉さんがよく目についていた。

いつも清楚な感じなのに、何というか、大人っぽいフェロモンがいい感じで。

【母の友人】一人暮らしをし始めた頃、いきなり「お母さんの友人…」と名乗る清楚な熟女がご飯を持ってきてくれた!いつの間にか俺たちは恋仲になって…

 

正直、俺のタイプだった。

 

どうやらその人も俺のことが気になっていた様子で、何度か目が合った事があって。

 

ある日、イキナリそのお姉さんから声かけられたんだ。

 

女性「ねぇ〇〇君でしょ?」

 

「へっ!?なんで俺の名を・・・?」

 

女性「実はね。私、貴方のお母さんのお友だちなの。」

 

「えっ、ホントに?それにしては若くてキレイ・・・」

(やべっ、思わず口に出してしまった・・・)

 

女性「あら、ありがとっ。」

 

ちなみに、見た目はどう見ても30代。

お袋とは一回り以上違うように見えた。

 

女性「〇〇君ってかわいいのね。また来るわ。お母さんにも宜しく言っておいてねっ!」

 

って。

 

お姉さんの残り香が、まだ大人の女性の事を探検したことの無い10代の俺には刺激が強すぎて、

妙に興奮したのを覚えている。

 

 

それから数日後。

 

本当にその人が俺を訪ねてきた!

 

「ピンポーン」

  • コメント

    記事に戻る