▼新着記事をCheck▼


【衝撃の事実】18歳の春。 深刻な顔をした両親『あなたは実は〇〇なの。病院に行って欲しい』私「嫌だ!行きたくない!いまさらなんで…!?」→病院で見た光景は、あまりにもショッキングだった。

リアルは充実、実家はお金持ち、何一つ不自由なんてなくて……

 

6人兄弟の末っ子として生まれた私。

 

実家はこれだけの人数を育ててるだけあってすごいお金持ちだし

 

上5人と年齢が結構離れてることもあって、ものすごくかわいがってもらえた。

 

学生時代は彼氏だってすぐにできたし

 

成績も家に家庭教師を呼んでくれてたお陰もあって常に上位だった。

 

可愛がってもらってるし、何不自由なく暮らしてきた。

 

そんな生活を送ってきた私の、高校卒業の年。

 

大学も「一流」と呼ばれるところが決まっていた。

 

何も、なにひとつとして問題なんてない生活を送っていたハズなのに

 

ある日、深刻な顔した両親に、「話がある」といわれて呼び出された。

 

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る