▼新着記事をCheck▼

【悲劇】事故で両親を亡くしたお年頃の姪。施設でイジメられていた姪を25歳無職の俺が引き取り、一緒に寝てたら○○することに



その年の俺は、何とか就職が決まって実家を離れていた

 

兄家族も実家から離れていたため相談の結果、実家(田舎で小さいながら一軒家だった)は売りに出し、半年後には更地になっていた。


【悲劇】事故で両親を亡くしたお年頃の姪。施設でイジメられていた姪を25歳無職の俺が引き取り、一緒に寝てたら○○することに・・・
 

実家が壊される時、
兄家族と一緒に見に行ったのだが、

「おじいちゃんのオウチ、無くなるね」

ってメイが言って泣き出したのにつられて、俺もちょっと泣いた。

 

そして、メイが11歳の時、悪夢が訪れる・・・


兄家族の乗る車がトラックと衝突し、兄は即死。

義姉は3日間意識不明のあと亡くなった。

【悲劇】事故で両親を亡くしたお年頃の姪。施設でイジメられていた姪を25歳無職の俺が引き取り、一緒に寝てたら○○することに・・・

メイは奇跡的に打撲だけで済んだ。

メイの親族は俺だけになった。

 

当時、25歳の俺は事故の半年前に、勤務先が倒産したため無職。

多くはないが、相続した遺産と、貯めていた小金で日本一周なんぞをしていた。

 

兄夫婦の死に絡み、
いろいろなゴタゴタがあったが、
一番の問題はメイのことだった。

無職の若造が引き取って育てる。

そんなことはできるはずもなく、
結局児童養護施設に預けられることになった。

 

その後、父の知人から誘っていただき、
零細運送会社の運転手の仕事を始めた。

幸い、メイのいる施設とはそんなに遠くなかったので、
できるだけ毎週会いに行くようにしていた。

施設に入ってからのメイは、
やはり事故の精神的影響が大きく、非常にふさぎがちだったらしい。

それなのに、俺が会いに行くとすごい嬉しそうにしていた。

だから少しでも励みになれたらと思って、
こまめに会いに行くようにしていた。

もうすぐメイが小学校卒業という時期に、施設から連絡があった。

メイが虐めの対象になっているとのこと。
その原因が俺にあるということだ・・・

 

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る