▼新着記事をCheck▼

【驚愕昇天】デリバリー健康嬢を呼んだら、来たのは同じ大学に通う清楚な同級生だった!「自分と弟の学費を稼がなきゃいけなくて」⇒その結果…



俺は、一応世間では一流と言われている大学に通っている、二十歳の苦学生だ。

勉強ばかりやってきたこともあって(言い訳www)、まだ素人様とは交わった事がない。

 

日常空間に女の子がいる、っていうのに妙な憧れがあって、

いつしか女性専用デリバリーは自宅アパートに呼ぶのが習慣になっていた。

 

年末、家庭教師のアルバイトで稼いだ分を、

この正月休みにソレに投資しようと、

徹底的に吟味して、女子大生がメインのお店を発見し電話を入れた。

 

プロフィールにはモザイクが掛かっていて顔は見えなかったけど、

「若くて細身で綺麗。プロ意識の高い、清楚な某有名大学の女子大生」

 


と書いてあり、俺好みっぽいのでその子を指名。

 

待つこと50分。

 

声の怖いお兄さんから

「家の前につきました。今から女の子が伺いますね」

と電話。

 

階段を上がってくる、

ヒールの「コツ、コツ、コツ」という音が、

毎度のことながらドキドキ高揚感を高ぶらせる。

 

インターホンが鳴った。

 

心を躍らせて玄関を開ける。

 

と、そこにいたのは

大学の同級生だった!!!

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る