▼新着記事をCheck▼


俺が「そういう仕事」をしていたころ、ある家族に借金の取立てに行くと親はとっくに消え、子供が2人置いてかれていた

 

今でも思い出す心の痛い話

 

もう何年も前の話。

 

当時、金融屋をやっていた(とはいえまっとうなやつじゃない)んだけどその年の夏。

 

いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていた。

 

そして子供が2人置いてかれてた。

 

5歳と3歳。上は男の子、下は女の子。

 

俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく

 

家に行ったときすぐに下の子になつかれた。

 


 

ボロボロの服で風呂にも入ってなくて

 

「いつから親はいないんだ?」って聞いても答えない。

 

「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。

 

下の子が「こっち」って手を引いて、あるところに俺をつれていった。

 

破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。

 

「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。

 

嫌な予感がした。

 

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る