▼新着記事をCheck▼

【奇跡を買わせて!】8歳の少女が弟の重い病気を治そうと薬局へ。彼女が”望むモノ”を聞いた薬剤師は…少女の熱意が奇跡を起こした超絶実話。



そして再び、小銭を貯金箱の中へと戻し、それを抱えてこっそりと誰にも知られないように家を出ました。

 

テスは家からそう遠くない薬局へたどり着き、
店の中の列に並び順番を待ちます。

 

しかし一向に終わる気配のない薬剤師と前の客との長話。

足踏みをしたり、 咳払いをしてみても気づく様子がなかったので
テスはついに痺れを切らして貯金箱に入った小銭を、
薬局のカウンターへとぶちまけました。

これにはさすがに気づいた薬剤師。

 

やっとテスの方を向いて喋りかけました。

「久しぶりに会った弟と話していたんだ。
気づかなくてごめんよ。何が欲しいの?」

 

「私にも弟がいる!」

テスは興奮気味にそう言いました。

 

「でも病気で・・・だから弟のために奇跡を買いに来たの」

 

薬剤師の男性はテスの言った意味がよくわからないという様な
表情を浮かべていたので、

さらに続けました。

 

「私の弟アンドリューっていうの。
頭の中にできものがあって、 それがだんだん大きくなっているの。
パパがアンドリューを助けるお金がないって言ってたから、
奇跡がいくらで買えるのか知りたくて・・・」

 

弟を救いたいというピュアな少女の想い。

 

しかし、現実は厳しいものでした・・・

 

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る