▼新着記事をCheck▼


【奇跡を買わせて!】8歳の少女が弟の重い病気を治そうと薬局へ。彼女が”望むモノ”を聞いた薬剤師は…少女の熱意が奇跡を起こした超絶実話。

8歳の少女が弟の重い病気を治そうと薬局へ。彼女が”望むモノ”を聞いた薬剤師は…強い思いが奇跡を起こす。
あなたは奇跡の様な体験をしたことがあるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今からお話しするのはアメリカ人の

テスと言う女の子の奇跡の様なお話。

 

テスは明るく元気な8歳になったばかりの女の子。

テスの家族はパパとママ

そして弟のアンドリューの4人。

 

ある日テスは両親がアンドリューのことについて

話しているのを耳にしてしまいます 。

 

その内容とは、 アンドリューが重い病気であり

家には全くお金が残っていないという厳しい現実。

家族は今よりも家賃の安い小さなアパートに移り

住まなければならないほど余裕がなく、

パパには弟のアンドリューの病気を治すために必要な医療費を

支払うお金がないということ。


そうは言っても、アンドリューには手術が必要です。
 「アンドリューが助かるには、奇跡が必要かもしれない」 

パパがそんな言葉を口にしているのを耳にして、

 

テスはあること思いついたのです。

 

テスは自分の貯金箱を開けて、

 

中に入っていた小銭の数を何度も確かめます。

 

 「これで奇跡が買えるかなぁ・・・」

 

そんな純粋な少女の想いが、

 

まさに奇跡を起こすことに・・・!!

 

次ページへ続きます

  • コメント

    記事に戻る