電車の席に座りたがる高齢者に対して放った若者の話が正論すぎる!!


昼下がりの電車内で事件は起きた

 

私がそのとき乗った

 

電車の座席はほぼ埋まり、

 

立っている人がちらほらいる程度。

 

私の向かい側座席の前には、

 

ハイキング帰りらしき高齢者が

 

男性1人女性2人いた。

 

そんな彼らの目の前の座席には、

 

若者2人と50代ぐらいの

 

女性が一人で座っている。

 

若者は2人とも茶髪。

 

1人はサングラスをしていた。

 

すると高齢者組の男性が 、

 

「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」

「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしてたもんだが、最近じゃ寝たふりもしないからフテブテしい」

 

▼▼下記に続く▼▼


などとかなり大きな声で

 

話しているのが耳に入ってきた

 

・・・どうやら自分の前にいる若者に席を

 

譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。

 

私が譲ろうと腰を浮かせた瞬間、サングラスの若者が口を開いた。

 

その言葉に私は思わず心の中で拍手をしていた・・・

若者からの突き刺さる言葉

 

「あんたたち山は歩けるのに電車では立てないの?

 

それっておかしくない?

 

遊んできたんだろう?

 

こっちはこれから仕事に行くところなんだよ。

 

だいたいさ俺みたいなやつが土曜日も

 

働いてあんたたちの年金を

 

作ってやってるんだって分かってる?

 

俺があんたみたいな年よりになったら

 

年金なんてもらえなくて、

 

優雅に山登りなんてやっていられないんだよ。

 

とにかく座りたかったらシルバーシート行けよ」

 

⇒この言葉に対するクチコミ

 

▼▼次のページに続く▼▼

次ページへ続きます


  • コメント

    記事に戻る