【みんな覚えてる??】今までのNHK紅白歌合戦8大事件がマジでヤバすぎる【詳細・動画あり】


【みんな覚えてる??】今までのNHK紅白歌合戦8大事件がマジでヤバすぎる【詳細・動画あり】

【みんな覚えてる??】今までのNHK紅白歌合戦8大事件がマジでヤバすぎる【詳細・動画あり】

 和田アキ子の不参加など、

今年のNHK紅白歌合戦をひと言でいうと「激変」という表現がピッタリだが、

過去にも紅白を揺るがせた、あんな事件、こんな事件があった。

【郷ひろみと松田聖子が手を繋いで…(1983年)】

当時、“世紀のビッグカップル”といわれていた

郷ひろみ(61才)と松田聖子(54才)がふたり揃ってステージ上に登場。

踊りながら階段をゆっくり下りてくると、なんと笑顔で手をつないでダンス!

その衝撃は元日のスポーツ紙などで大きく報じられた。

【都はるみ引退の花道で「ミソラ…」発言(1984年)】

この紅白のステージを最後に引退することになっていた都はるみ(68才)。

大トリとして『夫婦坂』を歌い終わると、観客からアンコールの嵐が起こり、


感動的なフィナーレに…なるはずだった。総合司会の生方恵一アナウンサーがうっかり

「もっともっとたくさんの拍手を、ミソラ…」と言い間違える痛恨のミス。

生方アナは翌年、自らNHKを退社した。

【みんな覚えてる??】今までのNHK紅白歌合戦8大事件がマジでヤバすぎる【詳細・動画あり】

【吉川晃司がギター炎上で“出禁”に(1985年)】

初出場でトップバッターを務めた吉川晃司(51才)が、

曲中にシャンパンを口から撒き散らすなど、過激なパフォーマンスを披露。

さらに歌唱後にギターにオイルをかけて火をつけ、燃やしてしまう。

もちろんリハーサルでは一切なし。

オイルの影響で、次の次にステージに立ったシブがき隊の布川敏和(51才)が

次ページへ続きます

1 2 3

▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る