【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】


【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

若くして散った特攻隊員の遺書

陸海軍あわせて6000人以上の若い命が戦場に散った旧日本軍の特攻作戦。

彼らが最期に残した家族や婚約者に遺した遺書には伝えたかった想いが詰まっています。その一部をご覧ください。

■ 相花信夫少尉(享年18歳)「母を慕ひて」

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

第七七振武隊として、昭和20年5月4日に出撃、戦死。

継母に言えなかった「お母さん」という言葉を書き綴っています・・・


■ 小川清少尉(享年22歳)「最後の便り」

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

昭和二十年四月十二日、第三回神雷桜花特別攻撃隊で

一式陸攻の搭乗員として出撃、南西諸島方面にて戦死。

■ 渡辺利廣少尉(享年24歳) 家族に宛てた手紙

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

昭和20年4月22日、知覧飛行場より九七戦で特攻出撃し、沖縄本島で戦死。

次ページへ続きます


▼スクロールして頂くと、コメントがご覧いただけます▼

  • コメント

    記事に戻る